ホーム お問い合わせ
施設の概要
施設紹介
海づり公園からのお願い
ご利用案内
営業時間・料金
海洋釣り堀
売店
団体利用の特典
釣りのページ
海づり公園で釣れる魚
釣り用語集
仕掛けのいろいろ
年間大物賞記録簿
最近の釣果
交通案内
リンク集
 
福岡市海づり公園
仕掛けのいろいろ

道具のいろいろ   糸の結び方   エサの種類
さまざまな釣り道具を詳しくご紹介しています!   さまざまな糸の結び方をご紹介しています!   さまざまなエサをご紹介しています!
GO   GO   GO
チヌ・メイタ仕掛け
■対象魚…

■エ サ…



■タ ナ…


■道 具…
チヌ・メイタ・バリ・コダイ・大きめのアジ・セイゴ・メバル
アミダンゴ・沖アミ・カニなど
※メバルのときは、モエビかタエビ中心でシロウオもよい
※セイゴのときは、モエビか沖アミ
チヌ・メイタ・コダイは海底か海底から1m前後を
※アジは中層から下がいい。
竿は、1号〜1.5号 長さは、4〜4.5m前後のものがよい
浮きは、棒浮きの1〜1.5号 玉浮きの場合は、2〜3Bがよい
サビキ釣り仕掛け
■対象魚…

■エ サ…


■タ ナ…

■道 具…
アジ・サバ・コノシロ・コグロ・タナゴ・イワシ・ カマス・カワハギ・ボラ・イサキ子など
冷凍アミ
※食いが悪いときは、サシアミを付けるのも一つの方法
なるべく下層の方がよいが、上層で釣れる時もあるのでいろいろ試してみよう!
竿は、2.5m〜3m程度のものが使いやすいでしょう
※サビキの号数は季節に応じて使いますが、公園では6〜9月頃は5〜6号、10〜11月頃は6〜7号が目安
※サビキ針のスキンの色は、白がいい
ヒラメ釣り仕掛け
■対象魚…
■エ サ…

■タ ナ…
■道 具…
ヒラメ
アジゴ(活きたままの鼻掛けか背掛け)
イサキ子(活きたまま)
海底で
竿は、なるべく穂先が柔く、短めがよい (3mが目安)
メバル胴突仕掛け
■対象魚…
■エ サ…
■タ ナ…
■道 具…
メバル
モエビ・タエビ(活き餌)
海底より1m前後
竿は、2〜3mの短めのものがよい
サヨリ仕掛け
■対象魚…
■エ サ…



■タ ナ…
■道 具…
サヨリ
サシアミ(なるべく小さいもの)
※サシアミを付ける時は、針先を隠すように丁寧に付けよう。針先が見えると非常に食いが悪くなる。
海面から1m前後
竿は、4〜4.5mで柔目がよい
スズキ釣り仕掛け
■対象魚…
■エ サ…


■タ ナ…
■道 具…
スズキ・ヤズ
活きたアジゴかイサキ子(鼻掛けか背掛け)
※冬場は、モエビ(大きめが良い)か青虫の房掛け
海面より2〜5mが目安
竿は、2〜4号で5m前後で遠投のできるもの
浮きは、なるべく遠くに飛ばせるものを使おう